CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
花様年華
花様年華 (JUGEMレビュー »)

★チャイナドレス ファイア−キング 天井が高い部屋のカ−テンのいろ。
RECOMMEND
Twinkland: A Kid's World (Eye Wink)
Twinkland: A Kid's World (Eye Wink) (JUGEMレビュー »)
Marc Parent
★お子の視線。
だいすき☆
RECOMMEND
Love Is...
Love Is... (JUGEMレビュー »)
Kim Casali, Stefano Casali
★ラヴ!!!
<< 7インチリリースしましたよ☆ | main | BAOBAB 5th ANNIVERSARY CARNAVAL >>
2015.04.08 1st full album[mellowmoood]out!!!



☆トレーラー公開中☆

mellowmoood / asuka ando
01. darlin'(intro)
02. ゆめで逢いましょう〜see you in my dreams〜
03. 月下美人
04. TROPICAL DISTANCE
05. BABY MY LOVE (Extended “coffee break”version)
06. 煙の中のマーメイド
07. in your pocket(skit)
08. くすりをたくさん
09. とにかく
10. いいのに!
11. ロマンティックあげるよ
12. 宝物
13. everybody loves the...(outro)

参加ミュージシャン
・エマーソン北村
・大石 幸司(LITTLE TEMPO/川上つよしと彼のムードメイカーズ)
・金子 巧(CRO-MAGNON/JAZZY SPORT)
・北村 哲
・KEN KEN(KEN 2D SPECIAL)
・佐々木 育真(LITTLE TEMPO)
・SEIJI BIGBIRD(LITTLE TEMPO)
・西内 徹(Reggae Disco Rockers)
・Hatayoung(Frisco)
・BUN BUN the MC
・MAH(GREEN MASSIVE)
・松本’ARI’龍一(Reggaelation IndependAnce)
・Yaggy(TUFF SESSION/Reggaelation IndependAnce)
・yui nakazawa(TUFF SESSION)
・林 もえ子(Kidlat)
・糠信 晋吾(Mighty Caskets)
・平野 良周(THE DESCRIPTIONS)
・妹尾”YoshiBoy”吉寿(THE JAPONICANS)
・HIROKING (HOMARE)
・DUBMIX:Jagabe(Reggaelation IndependAnce)

以上!豪華すぎてごめんなさい!!笑

品番:VBCD0076
発売日:2015/4/8

以下のお店でご予約も始まっています。
dub storeでは愛のこもったレビューと試聴も♪
 
dub store records

アルバムリリースに際し、

鋭い目線と柔らかで情景が浮かぶライティングで
音楽〜体当たりのスポーツ体験ルポまでこなすフリーライターの岡部徳枝さんより、レビューを。
「ゆめで逢いましょう-see you in my dreams-」で
ドリーミィな音色を聴かせ下さっているエマーソン北村さんから
コメントを頂きました!

レビュー:岡部徳枝(ライター)
メロウなムードまとうスウィート・ヴォイスで魅了するシンガー、asuka andoのファースト・フル・アルバム。
ギタリストARIとの2人きりアコースティック・セットを始め、ライブごとに多彩なミュージシャンを迎える変則バンド編成などで、多くのセッションを重ねてきた軌跡が作品に結実した説得力のある内容。
鍵盤奏者、エマーソン北村がまろやかな旋律を奏でるラヴァーズ・チューン「ゆめで逢いましょう-see you in my dreams-」、西内徹の泣きのフルートが効いたシティ・ポップ×ロック・ステディの夢の邂逅「くすりをたくさん」(大貫妙子のカヴァー)など、タフでラフなミュージシャン勢によるロマンチックなリディムが満載。スキットには、ジャムバンドCro-magnonのキーボーディスト金子巧が参加、ほんのりダビーなラヴァーズ・ロック「baby my love(extended ver.)」(THE IN CROWDのカヴァー)には、大阪屈指のラガDeeJay、BUN BUN the MCが参加するなど、聞き応えたっぷり。
そしてなによりの魅力は、主役のリリックとヴォーカル。黄昏の空のような日常のキュンとした感情を拾い集め、ゆるやかな言葉で紡ぐリリック、韻を意識した耳心地のいいフレーズ、とろりと体と心を満たすメロウな歌声。ゆらゆら揺れる恋の儚い余韻、しなやかにたゆたう歌声の甘い余韻、オトナ乙女のドリーミーな世界へ誘う豊潤なラヴァーズ・アルバムです。コアなロックステディ、ラヴァーズファンはもちろん、レゲエに馴染みの薄いポップス嗜好リスナーにも必ずや届く珠玉の作品が誕生!

-コメント-
歌とトラックの距離がね、とても近いんですよ〜。
それはもちろん歌の良さもあるけど、歌詞、サウンド、ひいては
自分の中での音楽の位置が、 とても良く見えているからじゃないかな。
クレバーだけどエモーショナル。
歌詞の通り「かなうことのない未来変わるかも」 と思える音楽です。

エマーソン北村

 
ありがたき、しあわせ♡
もう少々おまちくださいね!
asuka 
| 明日香の写窓から | 04:20 | comments(0) | - |
comment
comment me!










なかのひと